仕事の速さやお店への貢献度に関係なく、時給が一律で納得いきません。

仕事の速さやお店への貢献度に関係なく、バイトの時給が一律で納得いきません。(神奈川Y.S)

Q. リラックスヨネヤマさん、はじめまして。
私は現在居酒屋でバイトをしているのですが、
仕事の速さやお店への貢献度に関係なく、
時給は全員一律です。
これでは、モチベーションも上がりませんし、
不公平だと思います。
店長に交渉しても、「考えておく」とは言うものの、
特に現状を変えようとしているようには見えません。
どうしたらよいでしょうか?
(神奈川Y.S)

 

A. なるほど。
私もアルバイトをしていた頃、
勤続期間や仕事の出来、不出来に関わらず、
時給は一律でした。
私がそのバイトを始めた頃に、
5年以上そのバイトをしているリーダー格の方が、
「長年この仕事をして、圧倒的にこの店に貢献しているのに、
時給が一律なのは、不公平だから、休憩時間で
帳尻を合わせよう」
という発想で、10時間の勤務時間で新人の休憩は1時間、
その方の休憩時間は実質5時間(表向きは1時間)
という独裁フレックスシフトでバイトが行われていました。

 

実際、その方は仕事に慣れていて速いので、
自分のやるべき仕事はこなした上で、
5時間休憩し、9時間ぶんの時給をもらうというもので、
新人の方は所定の1時間休憩で、
9時間ぶんの時給が発生するので、
特に不都合はないというふうにして、
そのシフトで行われていました。

 

私がそのバイトを始めて半年ぐらい経つと、
だいたい仕事を全て覚え、作業速度もそのベテランの方と
同じぐらいになり、発言力も出てきたので、
私が5時間休めるポジションをできるようにもなったので、
自分がそのポジションをやる際に、
余分な4時間をシフトの全員に分配し、アルバイトの5人が
全員2時間弱休めるようなシフトにして、
そのポジション自体をそういうものとして既成事実を作り、
次第に一人だけ5時間休むというシフトを崩して、
全員が早く仕事を終わらせれば、
全員がたっぷり休めるという状態を作りました。

 

独裁フレックス制を作った方は最初は不満だったと思いますが、
次第にそれが当たり前になっていきました。
今回、ご相談をしてくださったY.Sさんも、
このやり方では不満かもしれません。

 

Y.Sさんにぜひお伝えしたいのは、
他の方より、経験があり、スピードもあり、
店に貢献できるというそのスキルを
「最大限に活かすにはどんな方法があるか」
という意識に向けていただければと思います。

 

お給料という種類のお金を
多くもらう事だけに考えをしばられるのではなく、
人がどのような事で心が動くのか、
どうやったら人はやる気になるのか、
人を怒らせずに考えや行動を変えさせるには
どうしたらよいのか、
そして自身の能力を駆使して、
もっと相応しいお金の稼ぎ方や、
自分の能力の発揮の仕方はなんなのか、
といった事の、ヒントにしていただければと思います。

 

 

という事で、
神奈川Y.Sさん
ご相談ありがとうございました。

 

リラックス人生相談(松の間)質問一覧へ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧