「読書百遍意自ずから通ず」とはどういう意味ですか?

スポンサードリンク

「読書百遍意自ずから通ず」とはどういう意味ですか?(熊本県M.O)

Q. リラックスヨネヤマさん、チッス。
「読書百遍意自ずから通ず」
ってどういう意味っすか?

 

(熊本県M.O)

 

A.チッス。
意味がわからない書物でも100回も読みこめば
自然と意味がわかってくるから、すぐに他人に頼らず、
自分の頭で考えろというニュアンスですかね。
現代語訳すると「ググれカス」といったところでしょうか。

 

つまり、M.Oさんにピッタリの言葉です。

 

あ、すみません。悪気はないです。

 

質問をしてくれる方がいないとこのコーナーが成り立たなくなりますので、
今後とも遠慮なくご質問、ご相談お願いいたします。

 

しかし、この言葉は昔の言葉でありながら、
ネットが普及した現代、ますます大事にしたい言葉だと
思います。

 

インターネットの検索ですべて答えが瞬時に出てしまう
と錯覚しがちな現代ですが、
重要な事は「答えを知っている」ことよりも、
答えにたどり着くまで、必死に考えて鍛えられた思考力だったり
するものです。

 

この答えにたどり着くまで、粘り強く考える姿勢が、
未知の問題を解く際の基礎力として培われていくのです。

 

スポンサードリンク

 

もちろん、いくら考えても知らなければどうしようもない事もあります。

 

例えば、「マイケル・ジョーダンさんのお父さんの名前は何か?」
と言われても、考えてもどうしようもないわけです。

 

ジョーダンじゃないわけです。

 

しかし、「マイケル・ジョーダンさんはいかにして、
バスケの神と呼ばれるまでになったか?」
といった事は、「オレはこう思う」
という域を出ないもので
検索して答えを得るものでもないわけです。

 

検索する事で他の人の意見にたどり着く事は
あるかもしれませんが、「こう考える人もいるわけか」
というヒントのひとつにすぎないわけです。

 

あなたが何も考えずに他人の考えにたどり着くのと、
自分で絞り出してから他人の考えに触れるのでは、
違うわけです。

 

ですので、ぜひともネットが普及した現代
「読書百遍意自ずから通ず」
の精神を大事にしていきたいものだと自戒を込めて
主張していきたいと思います。

 

 

という事で熊本県のM.Oさん、ご質問ありがとうございました。
リラックス人生相談(松の間)質問一覧へ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧