凡人のフェイスブックの日記のような文章も書いてみてください。

スポンサードリンク

凡人のフェイスブックの日記のような文章も書いてみてください。

リラックス人生相談
Q. リラックスヨネヤマさん、こんにちは。
いつも含蓄あふれる文章ばかり書いてないで
リラックスヨネヤマさんもたまには
毒にも薬にもならない
「今日はこんなランチでした!」という
凡人のクソつまらないフェイスブックの投稿
みたいな文章も書いてみてください!
(神奈川県J.N)

 

 

A. こんにちは。
ありがとうございます。
私は、皆さんがフェイスブックに投稿されている
おいしそうなお食事やお酒の写真、レポート、
楽しそうな飲み会、パーティ、ビジネスのお話などを
クソつまらないなどとは、全く思った事はありまませんが、
私もたまにはランチのお話でも書いてみようかと
思います。

 

お昼に街を歩いていると
『スリランカ家庭料理』
という文字が目に入り、ふと足を踏み入れました。

 

私の偏見のイメージどおりのマスターとご対面。
店の外の黒板に書いてあった
ランチメニューのチキンカレーをオーダーすると、

 

『メニューはお昼はランチメニューだけです。
豆カレーもついてきます』
と店主。

 

よく意味がわかりませんが、
『では、ランチメニューお願いします』
と即答いたしました。

 

しばらくすると
カレー皿に盛られたごはんの上に、
カレーで煮込まれたチキン、
サケフレークみたいなもの、
目玉焼き、
それに細長いトンガリコーンみたいなのが四本、
それらで彩られた料理が届きました。

 

スポンサードリンク

 

一通りを味見。
どれも非常にスパイシーでデリシャス。

 

チキンを軸にごはんを半分ぐらい食べると、
再びマスターが私に急接近。

 

『あ、これをかけて食べてください』

 

満を持して豆カレーが登場。

 

しまった。
豆カレーがある事をすっかり忘れていました。

 

というか、このごはんの上にある何かが豆カレーだと思って
事をすすめていました。

 

しかし後戻りはできないので、ここで豆カレーを投入。
今までの具材がスパイシーだったので豆カレーも覚悟したが、
こちらは逆にマイルド。
辛めの具材とジャストミート。
サケフレークみたいなのも、トンガリコーンも、うまさも倍増。

 

汗をかきかき、平らげ大満足。
三度(みたび)マスターが急接近。

 

食後のセイロンティーだそうです。
熱々です。

 

辛いものを食べた後に熱々の飲み物は
口内環境にかなり厳しいものがありますが、
マスターを信じて熱々のセイロンティーを口に運ぶと、
案の定、口の中に激痛が走りました。

 

 

しかし飲み続けるとセイロンティーはかなり甘めの味付けで、
口に合ってまいりました。

 

私が中学生の頃、飲んでいた紅茶を
妹にバカにされた事があります。

 

『これ、虫かごに入れて
虫に舐めさせるやつぐらい甘いな』

 

しかしマスターの入れた本場のセイロンティーも
それと同じぐらい甘さでした。

 

嬉しさも手伝い紅茶を飲み干すと、ノドに激痛が走しりました。
セイロンティーにもスパイスが入っていたようで底にたまっていた。

 

食後にマスターと談笑。
このお店はもうすぐ丸八年になるそうです。
すばらしい。また来ます。と約束して店を出ました。
今日も男子力がアップしました。

 

という事で神奈川県のJ.Nさん、
リクエストありがとうございました。
一皮むけた気がします。

 

リラックス人生相談(竹の間)質問一覧へ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧