「杓子定規」 とはどういう意味ですか?

「杓子定規」 とはどういう意味ですか?(埼玉県Y.E)

リラックス人生相談
Q. リラックスヨネヤマさん、こんにちは。
「杓子定規」 とはどういう意味ですか?
どのような場面でつかえばよいのでしょうか?
(埼玉県Y.E)

 

 

A. こんにちは。
「杓子定規」とは、
もともとは杓子の柄が曲がっていて、
定規のかわりにはならない事から
誤った基準で物事を判断する事という意味の言葉
でしたが、現在は、
あるものにしか当てはまらない基準を、
ムリに他の事に当てはめたり、
形式や規則にとらわれ、融通の効かない様を
言ったりします。

 

規則や決まり事しか考えず、効率の悪いやり方や
理不尽な結論を出してくるような相手に、
「杓子定規でしか物事を考えられない奴だ」
と憤りをあらわにする場面で言ったりします。

 

例えば、私は中学生の頃、自転車に乗る際は
ヘルメットの着用を義務づけられていて、
面倒くさがってヘルメットをかぶらずに
自転車に乗っているのを見つかると
烈火のごとく叱られ、ゲンコツを食らいました。

 

その他、授業中も態度の悪かった私は、
ゲンコツや教科書のカドなどで
先生に殴られる事は日常茶飯事で、
「これは自転車に乗っている時よりもよっぽど危険だ」
と判断した私は、
授業中にヘルメットを装着しましたら、
先生に「なんで授業中にヘルメットをかぶっているんだ!
脱ぎなさい!」
と怒鳴られ、ヘルメットを脱ぎましたら、
さっそくその頭にゲンコツを食らいました。

 

このように、「自転車に乗る時はヘルメットをかぶる」
という規則だけが重んじられ、
頭を危険を回避するという本来の目的は、
ないがしろにされ、
むしろこの規則があるがために、
私の頭は危険にさらされ、
実際にダメージを受けたわけです。

 

このように杓子定規に物事をとらえると
本末転倒なバカバカしい結果を
招くわけになりますから、
注意したいところです。

 

ちなみにこのたとえ話は、
私が冒頭に説明した「杓子定規」のひとつ目の意味、
「誤った基準で物事を判断する事」
という私の例え話が不適切であるという
自虐的な意味を含んだリバーシブル仕様のお話ですので
そこはご愛嬌という事でご了承ください。

 

という事で埼玉県のY.Eさん、
ご質問ありがとうございました。
リラックス人生相談(梅の間)質問一覧へ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧