行政書士試験のオススメのテキストを教えてください。

行政書士試験のオススメのテキストを教えてください。

Q.
行政書士試験のオススメのテキストを教えてください。
ヨネヤマさんはどのテキストをつかっていたのかも
できれば教えてください。

 

A.
なるほど、実はオススメのテキストは
よく質問されます。

 

結論としましては、
私のオススメのテキスト
というものは特にありません。
そして私が使用していたテキストも
伏せさせていただきます。

 

といいますのも、私はそのテキストを全く良いものと
思わないどころか、終始イライラしながら
読んでおりましたので、
そのテキストの名前を出してしまいますと、
そのテキストに対しての批判的な
ニュアンスになってしまうからです(笑)

 

私は本屋でなんとなく目についた
行政書士試験用のテキストを何冊か
パラパラめくって
「これでいってみよう」
とフィーリングで決めたのですが、
読み始めてもまったく内容が理解できず、
それを読む作業は全く楽しいものではありませんでした。

 

意味や状況がわからない文章をひたすら読み続けるのも
苦痛でしたので、自分なりに調べて、
自分なりに理解しやすく、覚えやすく、
テキストを補強していきました。

 

そして、まあ、晴れて
行政書士試験には合格したわけですが、
行政書士試験の勉強や法律の勉強をしている方で、
私と同じように、法律の勉強がわかりにくく、
つまらなく、苦痛に感じている人は
多いのではないだろうか
と考えました。

 

また、勉強していて、長い苦痛の時間を経て
ようやく理解できた時に
「自分だったらこういうふうに説明するのになあ」
「こういうふうに言ってくれれば
すぐにイメージできたのに」
と思った部分が多々ありましたので、
自分がカユイと思っていた部分をボリボリかいて、
もっとスムーズに勉強できる説明の仕方ができるのではないか
という想いから、サイトを立ち上げ、
文章を書いてみました。

 

本屋さんに並んでいるテキストは、
紙面や文字数、レイアウトなどの制約から、
ある程度やむを得ない部分もあるかもしれませんが、
だいたいは過去のものを疑いなくそのまま踏襲し、
「ついて来れる人が今までいたんだから、
これからもがんばってついてきなさいよ。
ついて来れないのはあなたの努力不足」
と言わんばかりのものだらけな気がします。

 

これは行政書士試験に限らず、
学校でつかってきた教科書など、
大多数のものがそんな感じではないかと思います。

 

私は小学生の頃から、
「なぜこんなクソつまらない書き方しかできないのか」
と思う教科書、テキストばかりと出会い、
いつも辟易していました。

 

そんな気持ちも含めて、
「じゃあ、おもしろく、わかりやすく、そして深く
楽しめるように書いてやろう」
とこしらえたのが

 

リラックス法学部

 

というわけです。

 

手前味噌ではありますが、
自分が受験生の頃にこれを
読みたかったです(笑)

 

リラックス法学部の
「民法初学者の部屋」では
法律系の試験の重要科目の民法について、
まったく法律を勉強した事がない方に
向けて、135回に分けて民法の全体を解説しましたので、
こちらを一読されてから、
市販のテキストをお読みになりますと
非常にスムーズにお読みいただけることかと
思います。

 

という事で、「オススメのものがないから
リラックス法学部を作った」
というのが端的な答えであります。

 

今後、オススメのモノを発見しましたら、
その際は惜しみなく発表させていただきたいと
思います(笑)

 

という事で、ご相談ありがとうございました。

 

 

リラックス法学部行政書士試験の情報コーナー

 

リラックス人生相談(梅の間)質問一覧へ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧