長嶋茂雄 12歳 プロ野球選手を目指し始める

長嶋茂雄 12歳 プロ野球選手を目指し始める

長嶋茂雄 12歳 プロ野球選手を目指し始める

 

長嶋茂雄さんは、1936年(昭和11年)、
千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)に生まれました。

 

小学校に入学した頃が身体が小さく、
「チビ」と呼ばれていたそうですが、
足が速く、力も強くて、相撲を取ると
上級生や自分より大きい相手も負かしていたそうです。

 

1945年に第二次世界大戦が終結し、
佐倉に米軍がやってきて、
長嶋茂雄さんはよく、米軍兵たちがキャッチボールや
野球をするのを観に行っていたそうです。

 

グローブやバットを手作りで作り、
ボールは米軍キャンプの近くに落ちていたゴルフボールを
毛糸でくるんで、布をかぶせて作ったり、
ビー玉を布でくるんで作ったり、色々工夫して
野球のような遊びをしていたようです。

 

そして、長嶋茂雄さんは小学五年生の頃に、
お兄さんが所属していた地元の青年野球団
ハヤテ・クラブに入団しました。

 

入団当初は、お母さんが帯の布で作ったグローブを
使用していたという長嶋茂雄さんですが、
監督にすぐに素質を評価され、
ショートとしてレギュラーに抜擢されたそうです。

 

当時の学校の担任の先生も、長嶋茂雄さんの野球の素質を
高く評価し、「将来はプロ野球選手になれ」と、
野球の本などを貸してくれたそうで、
長嶋茂雄さんは、川上哲治さん、大下弘さん、
藤村富美男さんといった
プロ野球選手に憧れを持ったそうです。
6年生の頃には長嶋茂雄さんもすっかりその気になり、
「将来はプロ野球選手になる」
と、さらに情熱が増していきました。

 

という事で今回は
長嶋茂雄 12歳 プロ野球選手を目指し始める
というお話でした。

 

関連記事
長嶋茂雄 22歳 プロ野球デビュー 四打席連続フルスイング三振
長嶋茂雄 38歳 現役引退「我が巨人軍は永久に不滅です」
清原和博 9歳 少年野球チーム岸和田リトルに入団
清原和博 16歳 PL学園に入学 桑田真澄と出会う
清原和博 18歳 西武ライオンズに入団

 

 

偉人たちの10代一覧へ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧