トーマス・エジソン 10歳 自分の実験室を持つ

トーマス・エジソン 10歳 自分の実験室を持つ

トーマス・エジソン 10歳 自分の実験室を持つ

 

8歳の頃、質問のし過ぎで変人扱いされ、
3ヶ月で学校を退学となった
トーマス・エジソンさんでしたが
お母さんのすばらしい授業と本人のあまりある好奇心で、
どんどん知識を吸収していきました。

 

10歳の頃には、大人が読んでもてこずるような本でも
スラスラと読んでいたといいます。

 

その中でも特に、トーマス・エジソンさん
が夢中になったものは、
お母さんからプレゼントされた
「自然科学の教室」
という物理学と化学の入門書でした。

 

それまで疑問だった
電気や電流の仕組みについて説明され、
薬品や道具を使ってする実験も挿し絵入りで紹介されていて、
没頭するあまり、やはり、これらの実験を
トーマス・エジソンさんは
自分でもやりたくなってしまいました。

 

お母さんに、実際自分で実験をしてみたい旨伝えると
お母さんは、
「そう言うと思ったわ。」
と言って、ちゃんと家の手伝いをする事、
危険な実験をしない事を条件に、
家の地下室をトーマス・エジソンさんの
実験室にする事を認めました。

 

トーマス・エジソンさんは張り切って、
机や棚を運び、それまで貯めたおこづかいで薬品や道具を購入し、
水銀や酸などの危険な薬品にはラベル貼ったりして、
実験室を作り上げました。
10歳にして自分の実験室を持ち、
研究に励むトーマス・エジソンさんも凄いですが、
お母さんの度量もまた凄まじいものです。

 

トーマス・エジソンさんはほんの少し前に、
モノが燃える様子を見たくて藁に火をつけ、
物置小屋を全焼させています。

 

学校では変人扱いされ、
退学の処分を食らい、
お母さんとしては、そんな息子の
好奇心と、社会的な危険と身体的な危険
を考え、どのように接するべきか悩んだはずです。

 

そんな中、お母さんが取った選択は、
結局いつも息子の好奇心を尊重するものでした。

 

この度量と、息子への信頼が
トーマス・エジソンさんを偉大なものにした
大きな由縁かもしれません。

 

という事で、今回はトーマス・エジソン 10歳 自分の実験室を持つ
という話でした。
偉人たちの10代一覧へ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧