上杉鷹山 17歳 出羽国米沢藩の第9代藩主に就任

スポンサードリンク

上杉鷹山 17歳 出羽国米沢藩の第9代藩主に就任

上杉鷹山さん3万石をおさめる
日向高鍋藩主・秋月種美の次男で、
幼少の頃から賢さが見込まれ、
上杉家の跡取りといて10歳の頃に
第8代藩主・重定の養子となりました。

 

上杉家は豊臣秀吉政権では会津で120万石を
誇りましたが、関ヶ原の戦いで敗北し、
30万石に減俸され、米沢にうつされ、
その後も相続問題などで藩の石高は減少し、
収入の90%が人件費に消え、非常に逼迫した
経済状況で借金額は16万両(現在の約160億円)
にまでおよんでいました。

 

この状況に困り果てた8代藩主・重定さんは
領地返上まで検討していた
といいます。

 

そのような米沢藩の藩主に就任した17歳の上杉鷹山さんは、
まずはとにかく倹約に努めました。

 

自身の生活から質素な生活とし、
食事も「一汁一菜」、服は絹をやめ、木綿に。
藩邸詰めの女性を50人から9人とし、
藩主の生活を1500両から200両に改め、
90%のコストカットを実現しました。

 

上杉鷹山さんは米沢にも大倹約令を発しましたが、
江戸での務めを終え、初めて米沢の地を訪れました。

 

米沢城に入ると、上級武士たちは上杉鷹山さんの
倹約令を無視していた事が発覚しました。

 

上杉鷹山さんが、まだ、10代という若年という事と、
上杉家の生まれではなく、
わずか3万石をおさめる家の生まれという事で、
ナメられていたのです。
上杉鷹山はこの状況にへこたれず、
倹約がうまくいかないのならば、
次は、収入を増やす事に目を向けます。

 

石高を上げるために、武士にも農業に従事させる
大規模な農業改革を試みました。

 

 

という事で今回は
上杉鷹山 17歳 出羽国米沢藩の第9代藩主に就任
というお話でした。

 

偉人たちの10代一覧へ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧