甲本ヒロト14才 パンクロックに「次はお前だ」と言われる。

甲本ヒロト14才 パンクロックに「次はお前だ」と言われる。

甲本ヒロト14才 パンクロックに「次はお前だ」と言われる。

 

 

ハイロウズで甲本ヒロトさんは「14才」という曲を発表しますが、
ヒロトさんが14才の頃、その曲を象徴するような出来事が起こります。

 

13才で偶然ラジオで耳にしたロックンロールに大きな感動を受けたヒロトさんは、
ロックンロールを聴いた瞬間の畳をかきむしりながら、
嗚咽を漏らして泣いていたあの感じをまた体験したいと、
色々なロックンロールのレコードを買い、聴きまくる日々を送っていましたが、
14才の時にパンクロックと出会いました。

 

この時、
「次はお前だ」
と言われた気がしたといいます。

 

ヒロトさんはパンクロックと出会った時に
「こんなの新しくもなんともねー。オレがロックやるならこうやってらぁ」
と思ったと言います。

 

「これやるのお前だろ?先にやらしてもらいましたよ」
と言われた気がしたとの事です。

 

これを経て、お父さんに中学を卒業したら高校行かずに
ロック歌手になると宣言しますが、
お父さんを説得しきる事はできなかったようです。

 

しかし、中学生のこの頃、バンドもやった事なければ
ボーカルもやった事などないという状態でしたが、
その後の自分のステージでの立ち振舞いや演奏する姿が
もうその時点で見えていたと、
クロマニヨンズ結成時期に語っていました。

 

ちなみにヒロトさんはその後、高校進学し、法政大学に進学し中退します。

 

関連記事
甲本ヒロト 13歳 食物クラブに所屬。シュークリームが膨らまない。
甲本ヒロト25歳「ロックと呼ばれても怒らない。別にいいよロックでも」
水道橋博士 26歳 甲本ヒロトと中学を出てから最初の再会

 

 

偉人たちの10代一覧へ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧