クハラカズユキ 18歳 ラグビーで花園に出場 後の弁護士・大阪市長の橋本徹と対戦

クハラカズユキ 18歳 ラグビーで花園に出場 後の弁護士・大阪市長の橋本徹と対戦

クハラカズユキさんは、北海道北見北斗高等学校でラグビー部に所属し、
高校三年生の頃に第67回全国高等学校ラグビーフットボール大会
(俗にいう「花園」)に出場し、大阪の北野高校と対戦し、
23対7で敗れましたが、その時の北野高校には
後に弁護士・大阪府知事・大阪市長の橋本徹さんがいて、
橋本徹さんがトライを決めたそうです。

 

ちなみに橋下徹さんは北野高校で、
通常8人で組むスクラムを7人で組み、
1人が素早くボールを外に蹴り出すという方法を考案したり、
走り込みなど根性論的な練習方法を見直し、
合理的なトレーニングを導入したりと、
伝統やセオリーを鵜呑みにしない主体性を持っていたようです。

 

かたやクハラカズユキさんはその頃メタルバンドを結成していて、
高校の中でもラグビー部は真面目な部で、
学校内で他の生徒の模範となるような存在のため、
バンド活動をしている事を隠していたそうです。

 

テスト期間中は部活動が休みになるため、
その期間にライブなどをブッキングして両立していたようです。

 

ただ、一人だけ真っ黒に日焼けしたメンバーがいるメタルバンドは
違和感があっただろうなと後に語っていました(笑)

 

という事で、今回はクハラカズユキさんと橋本徹さんが
高校時代にラグビーの全国大会で対戦していたという
エピソードでした。

 

関連記事
・クハラカズユキ 12歳 ドラムを始める
・アベフトシ 14歳 エレキギターを持ちEmを覚える
・ウエノコウジ 23歳 thee michelle gun elephantに加入
・アベフトシ 28歳 thee michelle gun elephantに加入

 

偉人たちの10代一覧へ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧