貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書とは?わかりやすく解説

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書とは?

 

 

 

会計とは、企業の財務状態や利益を計算するための方法・技法のことを
いいますが、会計を作成する目的は大きくわけて2つあります。
その目的の分類に応じて、
財務会計と、管理会計の2種類があります。

 

 

財務会計は、企業の外部の関係者(金融機関や取引先など債権者や株主)に対する
報告を目的とするものをいい、
管理会計は、経営者や管理者といった企業の内部の者が
経営管理や意思決定のための報告を目的とするものをいいます。

 

外部者に対しての財務会計は、
企業の真実の状態を客観的に報告する目的で
作成するため、法令や会計基準などによって作成する際の
ルールが決まっています。

 

これに対して、管理会計は、
企業の内部で、よりよい経営をするためには
どうしたらよいのかという指針を見出すために作成するものですので、
その作成方法や判断は企業の任意で決めることができます。

 

財務会計、管理会計、どちらの報告にも、基本的に
財務諸表が用いられます。
その中でも中心的なものが、
貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書
の3つで、「財務3表」と呼ばれたりしています。

 

今回はこの財務3表がそれぞれどういったもので、
どのような目的で作成されるのかという概要を説明します。

 

貸借対照表

貸借対照表は、一定時点における
企業の財政状態を表現するための
財務諸表です。

 

企業が所有する現金や不動産をどれだけ所有し、
また銀行などの債権者からどのぐらいの借り入れがあるのか
という財政状態が表現されます。
財政状態とは、企業の資金がどこから調達され(調達源泉)、
その使い道は何か(運用形態)ということです。

 

貸借対照表は
左側(借方)に「資産」、
右側(貸方)に「負債」「純資産」
という形で表現され、
借方と貸方は常にイコールとなります。

 

つまり、資産=負債+純資産という関係でバランスすることから、
貸借対照表は「バランスシート」と呼ばれ、
略して「BS(ビーエス)」と呼ばれたりします。

 

損益計算書

損益計算書とは、文字通り、
損失(Loss)と利益(Profit)を表現するもので、
「PL(ピーエル)」と呼ばれたりします。

 

こちらは、売上がいくらで、そのうち経費がいくらかかったので、
利益はこれですということを表現するものです。

 

キャッシュ・フロー計算書

キャッシュ・フロー計算書とは、
キャッシュ(現金)のフロー(流れ)を計算するものです。

 

貸借対照表、損益計算書で表現された取引は必ずしも、
すべて現金で行われるわけではありません。

 

商品は納品したものの、代金は後払いという場合、
計算上はプラスになっていても、
手元に現金がないという状態もあるわけです。

 

黒字倒産という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、
要は計算上は儲かっていても、手元に現金がなければ
支払いができないということになってしまうわけです。

 

手元に現金がないという状態は企業にとって恐ろしいわけです。
そこでキャッシュ(現金)をベースに修正したものが
キャッシュ・フロー計算書というわけです。

 

関連記事
流動資産とは?

 

固定資産とは?

 

 

起業、経営に関して役立つ情報はこちらのサイトが参考になります↓
「ビジネス情報さん」の財務会計コーナー

 

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧