流動資産とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

流動資産とは?わかりやすく解説

貸借対照表は、資産の部、負債の部、純資産の部に分かれますが、
今回は貸借対照表の資産部の流動資産について解説します。

 

流動資産

流動資産とは、現金、預金や、短期間に現金化すると
想定される諸資産のことです。
具体的には次のようなものがあります。

 

現金及び預金
「現金」は、硬貨、紙幣、小口現金、他人振出の小切手など
「預金」は、普通預金、当座預金などが該当します。

 

 

受取手形
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う約束をした有価証券のことです。
手形についての詳しい解説はこちらを御覧ください↓
手形・小切手について
お金の支払いの代わりに手形を渡して取引をするわけですが、
受け取った手形は資産計上します。

 

売掛金
商品販売など営業取引を行い、
まだ代金を受け取っていないものの金額です。
商品販売の際に取得する資産という点は受取手形と同じです。
手形が発行されていない売買契約に基づく金銭債権です。

 

スポンサードリンク

 

貸倒引当金
売掛金、受取手形、貸付金は、
取引先の資金繰りが厳しくなり倒産すると、
回収できない可能性があります。

 

回収不能となりそうな金額をあらかじめ見積もって計上されたものが
この貸倒引当金です。

 

「売掛金」の項目の数字から、
この貸倒引当金の金額を引いたものが
回収可能と見込まれる売上債権などの価値となります。

 

ですので貸借対照表の流動資産の部に負(マイナス)として表示されます。

 

 

有価証券
有価証券とは企業が保有している株式、債券などです。
この項目には、企業が保有している株式、債券のうち、
売買目的有価証券および決算日の翌日から1年以内に満期が到来する
社債その他債券の合計額が表示されます。

 

商品
小売業や卸売業の商品の在庫に相当する金額が表示されます。

 

 

短期貸付金
企業が、他の企業に貸し付けている資金の額のうち、
決算日の翌日から1年以内に回収予定のものの金額が表示されます。

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧