固定資産とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

固定資産とは?わかりやすく解説

貸借対照表は、資産の部、負債の部、純資産の部に分かれますが、
今回は貸借対照表の資産部の固定資産について解説します。

 

 

固定資産とは、販売目的ではなく企業が長期にわたって保有し、
使用する資産をいいます。
固定資産は有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産の
3つに分類されます。

 

 

○有形固定資産
建物
事業活動に使用している社屋、店舗、倉庫などの建物の
取得金額の合計額および取得金額から減価償却累計額を差し引いた金額が表示されます。

 

 

車両運搬費
事業活動に使用している車両などの取得金額の合計額及び取得金額から
減価償却累計額を差し引いた金額が表示されます。

 

 

土地
事業活動に使用している土地(田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野その他の土地)
の取得金額の合計額が表示されます。
土地は時間の経過で劣化して価値が下がっていくものではありませんので
減価償却は行われません。

 

 

建設仮勘定
建築中の未完成の建物に対して、手付などとして支払った金額が表示されます。
なお、完成と同時に建物などの他の科目に振り分けられます。

 

 

○無形固定資産
無形固定資産とは、営業権(のれん)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、借地権、
著作権、漁業権、鉱業権といった法律上の権利など、
具体的な形のない資産をいいます。

 

 

○投資その他の資産
投資有価証券
流資産の有価証券や関係会社株式以外の有価証券の合計額が表示されます。

 

 

長期貸付金
企業が他企業に貸し付けている資金の額のうち、
決算日の翌日から1年を超えて回収予定のものの金額が表示されます。

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧