流動負債・固定負債とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

流動負債・固定負債とは?わかりやすく解説

貸借対照表は、資産の部、負債の部、純資産の部に分かれますが、
今回は貸借対照表の負債の部の流動負債との固定負債について解説します。

 

負債は、貸借対照表の資産(総資産)から純資産を引いた部分となります。
負債は、企業の資金調達のうち、
銀行や取引先などの債権者から調達した資金(資本)をいいます。

 

つまり負債とは、資金(資本)のうち、返済しなければならないものというわけです。
負債は流動負債と固定負債に大きくわけられますが、
流動負債は1年以内に支払うことが想定される負債で、
固定負債は1年以内に支払いが想定されない負債をいいます。

 

それでは、流動負債、固定負債にはそれぞれ具体的どんなものがあるのかをご紹介します。

 

 

流動負債

 

・支払手形
商品仕入などの主たる営業取引を行ったときの代金の支払いで、
手形を振出した額が表示されます。

 

・買掛金
商品仕入などの主たる営業取引を行ったときの代金が未払いのもので、、
支払い手形の額を差し引いた額が表示されます。

 

・短期借入金
金融機関などからの借入金のうち、1年以内に返済義務のあるものの金額が表示されます。

 

 

 

固定負債
・社債
社債とは、長期資金を調達するために不特定多数の個人または法人などから、
資金を募ったものです。
国債の会社バージョンとお考えいただければとわかりやすいかと思います。
「社債券」という有価証券を発行して、資金を調達し、
一定の利息と償還期限に元本を償還することが必要となります。
社債の項目にはこの額が表示されます。

 

・長期借入金
金融機関などからの借入金のうち、1年を超えた日に返済義務のあるものの金額が表示されます。

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧