貸借対照表の純資産とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

貸借対照表の純資産とは?わかりやすく解説

貸借対照表は、資産の部、負債の部、純資産の部に分かれますが、
今回は貸借対照表の純資産について解説します。

 

貸借対照表の資産(総資産)は、純資産と負債を足したものをいいますが、
負債は、返済義務のある資金(資本)で、
純資産は、返済義務のない資金(資本)をいいます。

 

貸借対照表の純資産は、企業が資金調達した資金のうち、
株主から調達した資金(資本)、
利益の留保額などを計上した株主資本、
評価・換算差額等、新株予約権などで構成されます。
それでは具体的に貸借対照表の純資産を構成するものをご紹介いたします。

 

純資産

 

株主資本
・資本金
資本金とは会社財産を確保する基準となる会社法が定める一定額をいいます。
事業の元手のお金です。

 

・資本剰余金
資本剰余金は、株主などからの出資額のことで、
ざっくりいいますと要は、事業をする者が自ら用意した資本金以外の
事業の元手です。
資本剰余金は資本準備金とその他資本剰余金に分類されます。

 

(1)資本準備金
株主が会社に対してした払込みまたは給付の財産の額のうち、
資本金として計上しなかった額や、
その他資本剰余金から配当を行う場合に積み立てた額をいいます。

 

 

(2)その他資本剰余金
資本金および資本準備金を取り崩して生じた剰余金や、
自己株式を売却した際の売却益をいいます。

 

スポンサードリンク

 

・利益剰余金
利益剰余金は、企業の利益、すなわち「もうけ」を源泉とした部分で、
利益準備金、その他利益剰余金に分類されます。

 

(1)利益準備金
利益準備金は、その他利益剰余金(繰越利益剰余金)から
配当を行う場合に積み立てた額などをいいます。

 

(2)その他利益剰余金
その他利益剰余金は任意積立金、繰越利益剰余金に分類されます。

 

(ア)任意積立金
任意積立金は、株主総会など、会社の意思決定によって任意に積み立てた利益剰余金をいいます。

 

(イ)繰越利益剰余金
利益準備金および任意積立金以外の利益剰余金のことで、
通常、株主への配当の原資となります。

 

・自己株式
自社が発行した株式を市場などから取得したもので、
株主資本の控除項目となります。

 

評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金や土地再評価差額金などが計上されます。

 

 

新株予約権
新株予約権(ストック・オプション)の発行により、会社に払い込まれた金額が計上されます。
新株予約権については詳しくはこちらをご参照ください↓
新株予約権(ストック・オプション)とは?

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧