売上総利益、営業利益、経常利益とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益とは?わかりやすく解説

損益計算書とは、一定期間(通常は1事業年度)における、
企業の経営の成績を表す財務諸表です。

 

損失(Loss)と利益(Profit)を表現するもので、
「PL(ピーエル)」と呼ばれたりします。

 

こちらは、売上がいくらで、
そのうち経費がいくらかかったので、
利益はこれですということを表現するものです。

 

損益計算書は、外部報告用として作成される場合、
上から下へ一定の規則にしたがって並べた
報告式という形式で作成されます。

 

一番上に売上高があり、順番に様々な経費を引いていって、
5つの利益を表示します。
5つの利益は上から
売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益
となります。

 

今回はそれら上から順番に解説していきます。

 

売上総利益
売上総利益はいわゆる粗利益といわれるもので、
売上高から売上原価を引いたものとなります。
売上原価とは、売上高を獲得するために
企業が購入した商品(製品)などの原価が該当します。

 

スポンサードリンク

 

営業利益
営業利益は、売上総利益から販売費及び一般管理費を
差し引いた利益のことをいいます。

 

「販売費」は、例えば、従業員の給与の「給料」、
出張旅費などの「旅費交通費」、
広告活動の費用の「広告宣伝費」、
事務所の家賃などの「支払家賃」、事務所など
営業用有形固定資産の償却費の「減価償却費」
という項目があります。

 

営業利益は、企業の営業活動の成果、つまり、
本業からどのだけのの利益を得たかということを表します。

 

 

経常利益

 

経常利益は、営業利益に営業外収益を加え、
営業外費用を差し引いた利益をいいます。
企業の経常的(通常の)経営活動にもとづく利益を表す数字で、
「ケイツネ」と呼ばれたりします。

 

営業外収益とは、例えば、預金・貸付金の利息の「受取利息」、
他社株式の配当金の「受取配当金」などがあります。

 

営業外費用は、企業の本業以外の活動から生じる費用で、
例えば、借入金の利息の「支払利息」が該当します。

 

 

税引前当期純利益
税引前当期純利益は、経常利益に特別利益を加え、
特別損失を差し引いた利益のことです。

 

特別利益とは、経常的ではなく、
臨時・例外的に発生した収益のことをいいます。
例えば、土地や建物の固定資産を売却した
利益の「固定資産売却益」が該当します。

 

特別損失とは、これまた経常的ではなく、
臨時・例外的に発生した損失のことをいいます。
例えば、固定資産を売却した際の損失の「固定資産売却損」、
災害による損失の「災害損失」が該当します。

 

 

当期純利益
当期純利益は、税引前当期純利益から法人税、住民税、
事業税を差し引いた利益のことをいいます。

 

この当期純利益の額は、株主資本等変動計算書において、
繰越利益剰余金に加算されることで
貸借対照表に反映されます。

 


リラックス財務会計トップへ

 

 

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧