キャッシュフロー計算書とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

キャッシュフロー計算書とは?わかりやすく解説

キャッシュ・フロー計算書とは、一定期間の
キャッシュ(現金)のフロー(流れ)を計算するものです。

 

実際に企業にキャッシュ(現金)が入り、
また流出した流れを
的確に把握するのに適した財務諸表です。

 

貸借対照表は一時点の財政状態を表し、
損益計算書は一定期間の経営成績を表すものでした。

 

そして、貸借対照表、損益計算書で表現された取引は必ずしも、
すべて現金で行われるわけではありません。

 

商品は納品したものの、代金は後払いという場合、
計算上はプラスになっていても、手元に現金がないという状態も
あるわけです。

 

計算上は儲かっていても、手元に現金がなければ
支払いができずに黒字倒産ということになってしまうわけです。

 

手元に現金がないという状態は企業にとって恐ろしいわけです。
そこでキャッシュ(現金)をベースに表現されたものが、
キャッシュ・フロー計算書というわけです。

 

キャッシュ・フロー計算書でいう「キャッシュ」とは、
現金及び現金同等物のことをいい、
具体的には、「現金」は
手許(てもと)現金、要求払預金(当座預金、普通預金、通知預金)のことをいい、
現金同等物とは、容易に換金可能で、かつ、価値の変動について
僅少なリスクしか負わない短期預金をいいます。

 

スポンサードリンク

 

キャッシュ・フロー計算書は、
営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
財務活動によるキャッシュ・フロー
の3つの区分にわかれています。

 

営業活動によるキャッシュ・フローとは、
本業によって得たキャッシュの流れのことで、
主として営業損益計算の対象となった取引によるものをいい、
投資活動、財務活動によるキャッシュ・フロー以外のものをいいます。

 

投資活動によるキャッシュ・フローとは、
固定資産の取得および売却、
現金同等物に含まれない短期投資の取得および
売却によるキャッシュ・フローなどです。

 

財務活動によるキャッシュ・フローとは、
資金の借入れや、返済、株主からの資金調達や配当の支払いなど、
資金の調達および返済によるキャッシュ・フローです。

 

キャッシュフロー計算書を使った経営分析の方法はこちらをご参照ください↓
キャッシュ・フロー分析とは?

 

 

起業、経営に関して役立つ情報はこちらのサイトが参考になります↓
「ビジネス情報さん」の財務会計コーナー

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧