資本利益率(ROI)とは?わかりやすく解説

資本利益率(ROI)とは?わかりやすく解説

資本利益率(ROI(return on investment))とは?わかりやすく解説

 

資本利益率は、投下した資本に対して、
どれだけの利益を得たのかということを表す数値で、
企業の総合的な収益性を表す指標となります。

 

資本利益率(%)=(利益÷資本)×100

 

この数値は大きければ大きいほどよいわけですが、
目安としましては
10%程度だとかなり優良で、5%前後で優良、
1〜2%程度でだいたい普通ぐらいという感じです。

 

資本利益率は、資本、利益どうとらえるかの違いでいくつかの指標があります。

 

総資本経常利益率

 

総資本経常利益率(%)=(経常利益÷総資本)×100

 

損益計算書の経常利益をベースに、
総資本からどれだけ利益を得たのかを考える計算方法です。

 

 

 

総資本事業利益率、総資産利益率(ROA(Return On Assets))

 

総資本事業利益率(%)=(事業利益÷総資本)×100

 

営業利益に受取金・配当金をプラスした事業利益をベースに、
総資本からどれだけ利益を得たのかを考える計算方法です。

 

 

経営資本営業利益率

 

経営資本営業利益率(%)=(営業利益÷経営資本)×100

 

経営資本とは、
流動資産+固定資産−建設仮勘定−投資その他の資産
をいいます。
この経営資本からどれだけの営業利益を得たのか考える計算方法です。

 

自己資本利益率

 

自己資本利益率(%)=(当期純利益÷自己資本)×100

 

自己資本からどれだけの純利益を得たのかを考える計算方法です。
当期純利益とは、損益計算書の当期純利益で、
自己資本とは、貸借対照表上における純資産の部から新株予約権を差し引いた額です。

 

 

起業、経営に関して役立つ情報はこちらのサイトが参考になります↓
「ビジネス情報さん」の財務会計コーナー

 

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧