売上高利益率とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

売上高利益率とは?わかりやすく解説

売上高利益率とは、
売上に対する利益の割合です。

 

高ければ高いほど、
高い付加価値を生み出している
(悪い言い方をすればボッタクっているということもあるかもしれませんが(笑))
ということになるわけですが、
この数値は業種、業態によって大きく異なりますので、
異なる業種、業態をこの数値だけで比較するのは
注意が必要です。

 

 

例えば、小売業や卸売業は
売上高利益率がとても小さいことが多く、
10%以下であることが一般的ですが、
サービス業などは売上高利益率が大きいことが多く、
数10%となることもあります。

 

ただし、原価は少ないですが、
人件費や販売諸経費が
たくさんかかる場合が多いですので一概にこの数値だけで、
比較するには注意が必要なわけです。

 

どの利益をベースにするかによって、
いろいろな分析方法がありますが、
今回は
売上高総利益率、売上高営業利益率、
売上高経常利益率、売上高当期純利益率
をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

売上高総利益率

 

売上高総利益率(%)=(売上総利益÷売上高)×100

 

これがいわゆる粗利益率というものです。
企業が提供する商品、製品、サービスそのものの収益性を表す数値です。

 

 

 

売上高営業利益率

 

売上高営業利益率(%)=(営業利益÷売上高)×100

 

営業利益は売上高−売上原価−販売費及び一般管理費で、
売上高営業利益率は、
企業の本業による収益性を表す数値となります。

 

 

 

売上高経常利益率

 

売上高経常利益率(%)=(経常利益÷売上高)×100
経常利益は売上高−売上原価−販売費及び一般管理費+(営業外収益−営業外費用)で、
売上高経常利益率は、財務活動も含めた
企業の通常の経営活動による収益性を表す数値となります。

 

 

 

売上高当期純利益率

 

売上高当期純利益率(%)=(当期純利益÷売上高)×100

 

売上高に対する当期純利益の割合です。
特別損益を含め、税金を支払ったあとの
企業活動すべての結果の収益性を表す数値となります。

 

 

起業、経営に関して役立つ情報はこちらのサイトが参考になります↓
「ビジネス情報さん」の財務会計コーナー

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧