安全性(流動性)分析とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

安全性(流動性)分析とは?わかりやすく解説

安全性(流動性)分析とは、
企業の支払能力や財務面の安全性を分析するものです。

 

財務面の分析をし、倒産リスクなどに目を光らせ、
事前に改善に努めることができます。

 

 

安全性分析の方法には、
短期安全性分析、長期安全性分析、資本調達構造分析
といったものがあります。

 

 

 

短期安全性分析
短期安全性分析は、
短期的な支払義務と支払能力を分析するものです。

 

簡単にいえば、支払いの日までに
お金がなければいけないわけで、
このやりくりをきちんとできる能力が
あるのかを分析するものです。

 

 

短期安全性分析は、
流動比率、当座比率というもので分析をします。
(流動比率、当座比率の詳しい説明はこちらをご参照ください↓
短期安全性分析の流動比率、当座比率とは?

 

スポンサードリンク

 

長期安全性分析
長期安全性分析は、企業の長期的な運用資産と、
資金調達手段の対応関係を分析するものです。

 

企業が保有する固定資産で、長期安定的な調達手段で
まかわれているかどうかを分析することができます。

 

長期安全性分析は、
固定比率、固定長期適合率というもので分析します。
(固定比率、固定長期適合率の詳しい説明はこちらをご参照ください↓
長期安全性分析の固定比率、固定長期適合率とは?

 

 

資本調達構造分析

 

企業の資本調達手段は、自己資本の純資産と、他人資本の負債、
すなわち、返済義務のない資本と、返済義務のある資本で
構成されています。

 

返済義務のない資本が多い方がリスクが小さいので、
企業の構成している資本のバランスを把握し、
資金調達方法の指針とするための分析が、
資本調達構造分析というものです。

 

資本調達構造分析は、
自己資本比率、負債比率というもので分析します。
(自己資本比率、負債比率の詳しい説明はこちらをご参照ください↓
自己資本比率、負債比率、インタレストカバレッジレシオとは?

 

 

起業、経営に関して役立つ情報はこちらのサイトが参考になります↓
「ビジネス情報さん」の財務会計コーナー

 

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧