短期安全性分析の流動比率、当座比率とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

短期安全性分析の流動比率、当座比率とは?わかりやすく解説

短期安全性分析とは、
企業の短期的なお金のやりくりの
安全性を計るための指標です。

 

次の支払いの日までに手元にお金がなければ
倒産ということになってしまうわけですが、
このようなことにならないように分析するわけです。

 

短期安全性分析をするのに、
流動比率、当座比率という数値が用いられます。

 

流動比率

 

流動比率は、
1年以内に支払いのある短期的な支払い義務(流動負債)に対し、
1年以内に現金化できる支払手段(流動資産)が
どのぐらいあるのかの比率です。

 

流動比率は次の式で得ることができます。

 

流動比率(%)=(流動資産÷流動負債)×100

 

この数値が200%以上、つまり、
流動負債に対して2倍以上の流動資産があることが
理想的とされていますが、平均は120〜150%くらいです。

 

この数値が100%以下ということは、
短期的(1年以内)に使えるお金よりも、
支払わなければならないお金の方が多いということですので、
資金ショートの可能性があるということになります。

 

 

当座比率
当座比率は、当座資産と流動負債の金額を比較し、
流動比率より厳密に短期的な安全性を判断する指標です。

 

「当座資産」とは、現金及び預金+受取手形+売掛金+有価証券
です。
(受取手形、売掛金は、貸倒引当金を控除した額を用います)

 

当座比率は、流動比率とは異なり、
棚卸資産等のすぐに換金できない資産を含めない数値ですので、
流動比率よりも厳密な短期的な支払能力を示す指標となります。

 

 

起業、経営に関して役立つ情報はこちらのサイトが参考になります↓
「ビジネス情報さん」の財務会計コーナー

 

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧