長期安全性分析の固定比率、固定長期適合率とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

長期安全性分析の固定比率、固定長期適合率とは?わかりやすく解説

長期安全性分析

 

長期安全性分析は、企業の長期的な運用資産と、
資金調達手段の対応関係を分析するものです。

 

企業が保有する固定資産で、長期安定的な調達手段で
まかわれているかどうかを分析することができます。

 

長期安全性分析は、
固定比率、固定長期適合率というもので分析します。

 

 

 

固定比率

 

固定比率は、1年以内には現金化しない固定資産が、
返済義務のない自己資本によって
どの程度まかなわれているのかを示す数値です。

 

固定比率(%)=(固定資産÷自己資本)×100

 

この数値が低いほど資金面で安定的な設備投資がなされている
ということになり、
固定比率は100%を超えないのが理想的です。
つまり、固定資産への投資は
長期資本を超えることは望ましくないということです。

 

 

 

固定長期適合率

 

 

固定比率(%)=(固定資産÷(自己資本+固定負債))×100

 

 

固定長期適合率は、1年以内には現金化しない固定資産が、
返済義務のない自己資本と固定負債によって
どの程度まかなわれているのかを示す数値です。

 

固定長期適合率も100%を超えないのが理想的です。

 

固定負債は、長期にわたって資本を拘束するものですので、
その調達源泉は、長期資本であるべきということです。

 

 

起業、経営に関して役立つ情報はこちらのサイトが参考になります↓
「ビジネス情報さん」の財務会計コーナー

 

 


リラックス財務会計トップへ

 

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧