生産性分析(労働生産性、資本生産性)とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

生産性分析(労働生産性、資本生産性)とは?わかりやすく解説

生産性分析とは、資本、労働力、原材料を投入して、
その結果、どのぐらいのものを
生み出すことができたのかを分析するものです。

 

 

生産性は、産出量÷投入量の数値ということになりますが、
この数値が高ければ、それだけ生産性が高いということになります。

 

 

企業が生み出した「産出量」を何にして分析するかというところですが、
売上高、付加価値、生産量などが用いられますが、
一般的には「付加価値額」をベースに分析されます。

 

 

付加価値額の算出方法は定まったルールというものはないのですが、
一般的には、

 

経常利益+労務費+人件費+支払利息割引料
−受取利息配当金+賃借料+租税公課+減価償却費

 

の数値を付加価値額として分析されます。

 

生産性分析には、
労働力が生み出した産出量を分析する労働生産性分析と、
資本が生み出した産出量を分析する資本生産性分析があります。

 

 

労働生産性

 

労働生産性(円/人)=付加価値額÷従業員数

 

労働生産性は、従業員一人あたり
どれだけの付加価値を生み出したかという数値となります。

 

資本生産性

 

労働生産性(円/人)=付加価値額÷(有形固定資産−建設仮勘定)

 

資本生産性は、投下した資本が
どれだけの付加価値を生み出したかという数値となります。

 

有形固定資産−建設仮勘定は年間の平均値を使います。

 

 

 

起業、経営に関して役立つ情報はこちらのサイトが参考になります↓
「ビジネス情報さん」の財務会計コーナー

 


リラックス財務会計トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧