キャッシュ・フロー分析とは?わかりやすく解説

スポンサードリンク

キャッシュ・フロー分析とは?わかりやすく解説

キャッシュ・フロー計算書とは、一定期間の
キャッシュ(現金)のフロー(流れ)を計算するものです。
実際に企業にキャッシュ(現金)が入り、また流出した流れを
的確に把握するのに適した財務諸表です。

 

キャッシュフロー計算書の詳しい説明はこちらをご参照ください↓
キャッシュフロー計算書とは?

 

キャッシュ・フロー計算書は、
営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
財務活動によるキャッシュ・フロー
の3つの区分にわかれています。

 

(ここからキャッシュ・フローをCFと書きます。)

 

これらの数値から経営分析を行うことができます。

 

営業CFの分析
企業の本業から得たCFです。
企業の営業活動力、債権回収力を示す数値ですので、
プラスであることが望ましいのですが、
創業間もない企業においては、

 

この数値がマイナスであることがむしろ普通です。
この時期の企業においては、
まずは月ごとの黒字化が当面の目標となります。

 

営業CFがマイナスということは、
借り入れに頼らなければ企業を運営できないということです。

 

将来のための設備投資や現状維持のための設備投資を
借り入れによってまかなう状況は健全とは言えませんので、
これがプラスに転じる努力をしたいものです。

 

営業CFを改善するには、
営業成績をアップさせるということはもちろんですが、
取引条件を見直すことによることもできます。

 

あたりまえの話ですが、
取引先からの支払いを前払い制にしてもらったり、
逆に自分の支払いはできるだけ後になるようにすると、
手許現金を確保することができます。

 

ただ、これは取引者どうしお互いがそうなので、
なかなか簡単に変えられることはない事が多いですが、
意識をしておくのと、昔からの惰性で契約条件の改善に無頓着なのでは
異なりますので、頭に入れておきたいところです。

 

スポンサードリンク

 

投資CFの分析

 

投資CFは、土地・建物・機械などを購入した資金(設備投資)
もしくは設備を売却した資金の結果を表す数値です。

 

新規事業の設備投資に力を入れている場合は、
マイナスになることが多く、逆にプラスになっている場合は、
設備投資に消極的だということが考えられます。

 

ですので、この数値はマイナスになっていることが企業にとって
健全な場合が多く、プラスになっている場合は、
設備投資に力を入れることを意識することが必要かもしれません。
なお、リストラ局面にある企業は
投資CFが一時的にプラスとなる場合があります。

 

 

財務CFの分析
財務CFは、企業の資金調達と返済の状況を表す数値で、
資金の借り入れや、返済、社債・株式の発行によって増減します。

 

資金調達と返済の結果手元にあるキャッシュを表すもので、
借入れをしてキャッシュが手元にあればプラスになりますので、
この数値がプラスでも必ずしも企業が
よい状況であるというものではありません。

 

財務CFで最も注目すべきなのは、
「借入金」の増減です。

 

通常、金融機関からの借入は、
営業活動や投資活動を維持する資金が
不足している場合にするものですので、
借入金が増加しているということは、
資金が不足しているということで、
逆に借入金が減少しているということは、
資金のストックがある優良企業と考えることができます。

 

 

起業、経営に関して役立つ情報はこちらのサイトが参考になります↓
「ビジネス情報さん」の財務会計コーナー

 


リラックス財務会計トップへ

 

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧