石原明 37歳 日本経営教育研究所を設立 経営コンサルタントとして独立

石原明 37歳 日本経営教育研究所を設立 経営コンサルタントとして独立

石原明 37歳 日本経営教育研究所を設立 経営コンサルタントとして独立

 

 

石原明さんは1985年にヤマハ発動機株式会社を経て、
外資系教育会社の日本代理店に入社し、
セールス部門で日本1位の営業成績となります。、
そして、その後も世界で約6万人のセールスマンの中で
常にトップクラスの実績を収め続け、
「セールス・マネージャー世界大賞」を受賞します。

 

このように石原明さんは会社内で常に優秀な成績を収め続けた後、
1995年に日本経営教育研究所を設立し、
経営コンサルタントとして独立し、各社の顧問として、
活動し、その後セミナーや出版活動も精力的に行い
活躍していきます。

 

石原明さんは37歳で独立を果たしますが、
企業としては石原明さんのような超優秀な人材を絶対に
手放したくなかったはずで、会社を辞めるときには
相当に苦労した事と思います。

 

後に独立を考えている方からの質問で、
「会社を辞めて独立する際、所属していた
会社とよい関係を維持したまま辞めるには
どうしたらよいでしょうか?」
という質問に対し、石原明さんは、
「謝るしかない」という答えをしていました。

 

よく、このような場面で、自分の独立する事の正当性を主張しようと
してしまいがちですが、それで会社を説得する事は不可能で、
むしろ会社側の方の神経を逆なでしてしまうので、
謝り続けるしかないという事を話していました。

 

石原明さんが退社する際は、やはり、かなり大ごとに
なってしまったようで、しばらくは行動せずおとなしく
していたそうです。

 

また、
「石原明さんは、独立したら間違いなく成功するという確信は
ありましたか?」
という質問に対して、
「どんな場合においても確信はない。
確信があったら楽しくないでしょう」
と話していました。

 

という事で今回は
石原明 37歳 日本経営教育研究所を設立 経営コンサルタントとして独立
というお話でした。
偉人たちの30代一覧へ

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧