川上アキラ 33歳 ももいろクローバーを作る

スポンサードリンク

川上アキラ 33歳 ももいろクローバーを作る

2008年、沢尻エリカさんのマネージャーを
していた川上アキラさんが、
スターダストの「理事長」に
「暇そうだからアイドルグループでもやってみない?」
と言われ、じゃあ、メンバー探してみようかとなり、
メンバーを探すところから始まりました。

 

まず、日本舞踊をやっていた高井つき奈さんを軸に、
「和をモチーフとしたアイドルグループ」
というコンセプトを決めた
そうです。
(「ももいろパンチ」あたりまでそのコンセプトだったと思います。)

 

その後、メンバーを選んでいく中で、
高城れにさんが最初が選ばれ、
タレントの契約更新の時期に、
契約終了となるリストの中
(クビになってしまうタレントさん)から、
川上アキラさんが特技に「ダンス」と書いていた、
百田夏菜子さん、
玉井詩織さんを選びました。

 

後に「理事長」は「ももクロは選びに選んだ厳選したメンバー」
という話をしますが、川上アキラさんは
「だから、ホントは全然そんな事ないんですよ」
と言っていました…。

 

スポンサードリンク

 

その後、頻繁にメンバーの入れ替わりを経て、
百田夏菜子さん、玉井詩織さん、佐々木彩夏さん、
有安杏果さん、高城れにさん、早見あかりさん
の6人で「ももいろクローバー」が固まっていきます。

 

その後のももいろクローバーは
とにかく実験的にどんどん攻めていくグループとなりますが、
今でこそ生歌で全力パフォーマンスがウリですが、
「ももいろパンチ」のミュージック・ビデオでは
バナナを持って歌い、
「歌わない事に特化したグループ」
ってどうだろうと、実験していたとの事です。

 

川上アキラさんはももいろクローバーのメンバーに
伝えている事は、
「ひとつひとつの仕事が繋がっている」
という事だそうです。

 

この川上アキラさんの言葉は、
一曲一曲、一瞬一瞬の「点」の凄さがある
ももいろクローバーですが、
毎回毎回、いい意味で期待を裏切り、想像を超え、
その点が凄まじい「線」を描いていくところに
繋がっている気がします。

 

という事で、今回は
川上アキラ 33歳 ももいろクローバーを作る
というお話でした。

 

偉人たちの30代一覧へ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧