宅建民法テキスト 贈与契約、請負契約と善管注意義務の要点をわかりやすく解説

スポンサードリンク

宅建民法テキスト 贈与契約、請負契約と善管注意義務の要点をわかりやすく解説

※このテキストは宅建試験用のテキストをひと通り読み終えた方に向けて、
要点のみをまとめてわかりやすく解説し
着実に点数を取りに行くことを目的としたもの
です。

まずはこちらをご覧ください↓
リラックス宅建テキストとは?

 

 

贈与契約

 

・贈与契約は、「契約」ですので、「あげる」という意思と、
「もらう」という意思の当事者の合意があって成立する。
(一方的に「あげる」といえば成立するものではないことに注意)

 

書面による贈与は撤回できない。

 

口約束による贈与契約も有効だが、撤回することができる。
しかし、すでに履行がされた部分は撤回できない。
「やっぱりあげない」はできるが
「返して」はできないということ。

 

遺言、死因贈与、遺贈は、
いつでも何度でも撤回できることに注意

 

・贈与契約は物に瑕疵があっても
贈与者は担保責任を負わないが、
知りながら告げなかった場合は担保責任を負う。

 

善管注意義務を負う者
○使用貸借の借主
○賃貸借契約の賃借人
○委任契約の受任者(報酬の有無問わず)、
○有報酬の寄託契約における受寄者)

 

 

自己の財産と同一の注意義務でよい者
○無報酬の寄託契約における受寄者
○相続人、相続放棄した者
善管注意義務を負わないのは、これらぐらいなので、
こちらの方をしっかり覚え、その他は善管注意義務を負うと考えて
試験問題に対応することができるヨ

 

スポンサードリンク

 

請負契約

 

・請負人の担保責任
仕事に瑕疵がある場合、注文者は、
瑕疵修補請求、損害賠償請求をすることができる。

 

どちらか一方の請求も可能で、両方請求することも可能。

 

注文者は、瑕疵により目的を達することができないときは、
契約を解除することができるが、建物などの工作物は、
瑕疵により目的が達成できない場合でも解除することができない。

 

請負契約の目的物の建物に重大な瑕疵があり、
建て替えざるを得ない場合は、

注文者はその建物の建て替えに要する
費用相当額の損害賠償請求することができる。

 

瑕疵が重要でなく、かつ、修補に過分な費用が必要なときは、
修補請求することができない。

 

・請負契約で担保責任を負わない契約も可能だが、
請負人が瑕疵を知りながら告げなかった場合、この特約は無効となる。

 

リラックス宅建テキストトップへ

 

宅建最短合格音声講座


 

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧