宅建民法テキスト 相隣関係の要点をわかりやすく解説

宅建民法テキスト 相隣関係の要点をわかりやすく解説

※このテキストは宅建試験用のテキストをひと通り読み終えた方に向けて、
要点のみをまとめてわかりやすく解説し
着実に点数を取りに行くことを目的としたもの
です。

まずはこちらをご覧ください↓
リラックス宅建テキストとは?

 

相隣関係

 

・他人の土地を通らなければ
公道に出られない土地(袋地)の所有者は、
他人の土地(囲繞地)を通行することができるが、
囲繞地にとって、
もっとも損害の少ない方法で通行しなければならない。

(自由に選んで通行できるわけではない)
また、必ずしもタダで通れるわけではない。
損害が生じる場合、償還支払い義務がある。

 

・共有土地の分割や一部譲渡によって
生じた袋地の所有者は、
分割または譲渡された土地のみを通行することができ
この場合、償還支払い義務はない。

 

つまり一つの土地を2つにわけて、
片方の土地が公道に通じない土地に
なってしまった場合、他方の土地のみをタダで通れるということ。

 

・竹木の枝が境界線を越えてきたときは、
竹木の所有者にその枝を切るよう請求できる。
竹木の根が境界線を越えてきたときは、
自ら根を勝手に切ってよい。
(枝は勝手に切ってはならない)

 

・土地の所有者は、
境界又はその付近において障壁又は
建物を築造し又は修繕するため必要な範囲内で、
隣地の使用を請求することができる。
ただし、隣人の承諾がなければ、
その住家に立ち入ることはできない。

 

・土地の所有者は、
隣地から水が自然に流れて来るのを妨げてはならない。
したがって隣地から自然に流れてくることを阻止するような工作物を設置
することはできない。

 

・土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用で、
境界標を設けることができる。

 

リラックス宅建テキストトップへ

 

宅建最短合格音声講座


関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧