宅建民法テキスト 共有の要点をわかりやすく解説

宅建民法テキスト 共有の要点をわかりやすく解説

※このテキストは宅建試験用のテキストをひと通り読み終えた方に向けて、
要点のみをまとめてわかりやすく解説し
着実に点数を取りに行くことを目的としたもの
です。

まずはこちらをご覧ください↓
リラックス宅建テキストとは?

 

共有
・各共有者は、共有物の全部について、
その持分に応じた使用をすることができる。
他の共有者との協議に基づかず
1人で共有物全部を占有する者がいたとしても、
他の共有者は単独で
自己に対する共有物の明渡しを請求することはできない。

 

 

・共有物の保存行為は
各共有者が単独ですることができる。

例えば、建物の修繕や、
不法占拠者に対しての妨害排除請求は
各共有者が単独ですることができる。

 

 

・共有物の利用・改良行為は
各共有者の持分の価格の過半数で決する。
人数の過半数でないことに注意。
利用・改良行為とは例えば、
改装工事、賃貸借契約の締結や解除などである。

 

 

・共有物の処分や変更は共有者全員の同意が必要
例えば、共有建物の売却、増築・改築

 

 

・各共有者は、いつでも分割を請求できる。

 

 

・各共有者は5年以内の期間を定めて、
不分割特約をすることができる。
更新もできるがその時もまた
5年以内の期間を定めなければならない。

 

 

・分割について共有者間の協議がまとまらない場合、
裁判所に分割を請求することができる。
この場合、共有物の現物を分割することができないときや、
分割によってその価格を著しく減少させるおそれがあるときは、
裁判所は、その競売を命ずることができる。

 

 

・共有者の一人が、その持分を放棄したとき、
又は死亡して相続人がないときは、
その持分は、他の共有者に帰属する。

 

 

・共有者の一人が自分の持ち分を譲渡した場合、
譲り受けた者は、登記をしなければ、
他の共有者に対して対抗することができない。

 

リラックス宅建テキストトップへ

 

宅建最短合格音声講座


関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧