宅建民法テキスト 不法行為、使用者責任の要点をわかりやすく解説

宅建民法テキスト 不法行為の損害賠償請求要点をわかりやすく解説

※このテキストは宅建試験用のテキストをひと通り読み終えた方に向けて、
要点のみをまとめてわかりやすく解説し
着実に点数を取りに行くことを目的としたもの
です。

まずはこちらをご覧ください↓
リラックス宅建テキストとは?

 

 

不法行為

 

・不法行為による損害賠償の請求権は、
被害者又はその法定代理人が
損害及び加害者を知った時から三年間行使しないとき、
または不法行為の時から二十年で時効によって消滅する。

 

 

・不法行為の損害賠償債務は、
不法行為の時から(損害発生と同時に)
履行遅滞となる。

(被害者が催告をせずとも履行遅滞となる)

 

 

・他人の不法行為に対し、
自己又は第三者の権利又は
法律上保護される利益を防衛するため、
やむを得ず加害行為をした者は、
損害賠償の責任を負わない。
ただし、被害者から不法行為をした者に対する損害賠償の請求を妨げない。

 

 

・法人が名誉毀損された場合、
精神的損害は発生しないとしても、
金銭評価が可能な無形の損害が発生した場合は、
不法行為に基づいて
損害賠償請求ができる。

 

 

・被害者が死亡した場合、
生前に慰謝料を請求する意思を表明することなく
死亡しても
、相続人は慰謝料請求権を相続する。

 

 

・土地の工作物の設置又は保存に
瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、
その工作物の占有者は
被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。

 

ただし、占有者が損害の発生を防止するのに
必要な注意をしたときは、
所有者がその損害を賠償しなければならない。

 

リラックス宅建テキストトップへ

 

宅建最短合格音声講座


関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧