Q.変動労働時間制とはなんですか?

スポンサードリンク

Q.変動労働時間制とはなんですか?

このコーナーは労働のトラブルの対処法を法律を交えて解説するものですが、
労働問題に限らず、「法律でこうなっているから、こう」という行動が
当事者にとって必ずしも最善とは限りません。
しかし、何も知らないまま悩むよりも、
どのような法律、制度があり、どのような選択肢があるのかを踏まえて
考えることは大きく違うと思います。
そういった意味でお読みになった方の視野を広げ、
心にゆとりを持つお手伝いができればと思います。
そのような想いで「リラックス労働相談」という名前とさせていただきました。

 

法律、制度は常に最新の情報を提供するように心がけておりますが、
万が一、法律、制度等が改正されている場合もあるかもしれませんので、
最終的な判断は公の機関や弁護士など専門家にお問い合わせの上、
お願いいたします。

 

 

Q.変動労働時間制とはなんですか?

 

労働基準法には、労働時間は原則として、
1週間で40時間、1日8時間までという
法定労働時間が定められています。
(法定労働時間の詳しい説明はこちらをご参照ください↓
Q.法定労働時間とはなんですか?

 

 

しかし、なかなか実際の仕事をこの基準におさめるのも大変ということで、
三六協定を締結して、時間外労働を認める場合や、
(時間外労働(三六協定)についてくわしくは、こちらをご参照ください↓
Q.時間外労働(三六協定)についてわかりやすくおしえてください。
変形労働時間制をとるということもできます。

 

 

変形労働時間制とは?

 

変形労働時間制とは、一定の単位期間について、
週あたりの平均労働時間が週法定労働時間の枠内に収まっていれば、
法定労働時間の制限を受けずに、
労働者を労働させることができるというものです。

 

例えば、忙しい時期と、
ヒマな時期の差が激しい場合に、
1ヶ月単位でみたとき、
ある週の労働時間は40時間を超えたとしても、
1ヶ月の平均をとったときに40時間以内であれば、
労働基準法に違反しないというものです。

 

変形労働時間制を導入すると、
単位期間内の労働時間が
平均して週40時間を超えなければ、
1日8時間や1週40時間の法定労働時間を超える労働も
ただちに時間外労働とはなりません。

 

スポンサードリンク

 

変形労働時間制は、フレックスタイム制と似ていますが、
所定労働時間を特定する必要がある点が異なります。

 

変形労働時間制には、
(1)1カ月単位の変形制
(2)1年単位の変形制
(3)1週間単位の非定型的変形制

の3種類があります。

 

(1)1カ月単位の変形制
1ヶ月の間で繁閑の差が激しい業種にむいている制度です。

 

1ヶ月以内の一定期間を平均して1周間あたりの労働時間が
法定労働時間を超えないと定めた場合に、
特定の週または特定の日に、
法定労働時間をこえて労働させることができます。

 

この制度は、労使協定または就業規則により定めることができ、
いずれの場合も労働基準監督署長に届け出なければいけません。

 

(2)1年単位の変形制
月ごとや、季節によって繁閑の差が激しい業種に向いている制度です。

 

1ヶ月を超え、1年以内の一定期間を平均し、
1週間あたりの労働時間が40時間を超えない定めをしたとき、
特定の週または特定の日
法定労働時間をこえて労働させることができます。

 

この制度の場合、
年間の所定労働時間の限度を原則として280日以内と
定めなければなりません。

 

また、変形期間の各日、各週の所定労働時間を労使協定により定め、
原則として1日10時間、
1週間52時間を所定労働時間の限度
とし、
連続勤務日数は6日を超えてはならず、
休日は少なくとも6日ごとに1日確保しなければなりません。

 

この制度を導入する場合は労使協定を締結し、
労働基準監督署長に届け出なければいけません。

 

 

(3)1週間単位の非定型的変形制
1週間単位の変形労働時間制は、
対象となる事業場が労働者30人未満の小売業・旅館・飲食店などに限定されます。

 

労使協定または協議により、
1週間の労働時間を40時間以内とし、
これを超える時間労働させた場合は、割増賃金を支払うという旨を定めたときは、
週40時間の範囲内で、1日10時間まで労働させることが可能です。

 

この制度を導入した場合、使用者は、
労働者に対し、その1週間の労働を開始する前に、
1週間の労働時間を、あらかじめ、
書面で通知する必要があります。

 

 

この制度を導入する場合の労使協定は、
労働基準監督署長に届け出なければいけません。

 

 

厚生労働省 総合労働相談センター
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html

 

リラックス労働関係相談トップへ

関連記事
スポンサードリンク

ホーム 人物名鑑 人生相談 今日は何の日? リラックス法学部 全記事一覧